5%還元キャッシュレス・消費者還元事業
グッチ

グッチ GUCCI

上質であることの証明。威風堂々、グッチビューティー。 / イタリア

1921年に誕生したサロンブランド「グッチ」。多くの商品に用いられるGが2つ並べられたシンボルマークは創設者であるグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)の名前から。
創設者であるグッチ氏は、当時働いていたロンドンの貴族御用達の高級ホテル「サボイホテル」で目にする旅行者の美しい旅行カバンに触発されてブランドの立ち上げを決意したと言います。

一目で優雅さや高級感を伝えることが出来る洗練されたデザインを自らのプロダクトで表現したいと考え、自らの故郷であるフィレンツェにてグッチブランドを立ち上げます。
ブランド立ち上げ当初から「価値の高い商品を所有することが所有者のステータスにもなる」という考えを一貫しており、ラグジュアリーにこだわるその姿勢は後に誕生する多くのハイブランドに影響を与えています。
「乗馬」をモチーフとしたコレクションや、持ち手に竹を用いたコレクション「バンブー」など、グッチの独創性は物資不足に苦しんだ第二次世界大戦中でも留まることなく、大きくグッチブランドの名前を大きく世に知らしめていきます。

コスメのカテゴリーにおいては、1974年に発表した女性用フレグランスを皮切りにメンズ・レディスとも数々の名香を生み出しています。
90年代の半ばから2000年代初頭において「トム・フォード」がクリエイティブディレクターを務めていたのも有名な話です。

メイク業界に大きく衝撃を与えたメイクアップライン「グッチ・ビューティー(GUCCI beauty)」がローンチされたのは2014年。
グッチの一筋縄ではいかない重厚なエレガンスデザインをコスメに見事に落とし込んだアイテムに、ブランドのファンはもちろん、ピュアなコスメフリークからも絶賛を集めることとなります。
ゴールドとブラックを基調にしたデザインは単体でも強い存在感を放ち、まさに持っていることが特別なステータスであるかのようにモダンでラグジュアリーなコンセプトとなっています。
革新をやめないグッチは、2019年から2020年にかけてさらにグッチ・ビューティーのデザインを一新し、展開するエリアも拡大することを発表。伝説はまだはじまったばかりであることを高らかに宣言しています。

グッチの最新情報

2019/11/27 更新

2019年、ミケーレデザインのバームが華麗にデビュー。

グッチ バームアレーヴ リップバーム

2019年に刷新を発表し、GUCCIのクリエイティブディレクター「アレッサンドロ・ミケーレ」が自ら監修を行ったグッチ・ビューティー。その際に発表された3種のリップアイテムが、サテンな仕上がりを意識した「ルージュアレーブルサテン」、ルミナスに彩る「ルージュアレーブルヴォワール」の2つのリップカラーと、リップバーム「バームアレーヴ」。保湿性の高さと洗練された色付きが魅力のグッチ史上初のリップバーム。余計な味付けではなく、あくまで自然な滑らかさと豊かな潤いを提供するアイテムです。このリップバームはGUCCIのエキセントリックで自由なスピリットが色濃く映されたターコイズとゴールドで飾られています。手に入れた喜び、そして高揚を抑えるのは少し難しいかもしれません。

¥4,450

このブランドの商品一覧

157件の中(1 - 100)を表示
157件の中(1 - 100)を表示

このブランドの閲覧数ランキング

人気商品についた最新口コミ

サテンマットパウダーファンデーション by うさたに(女性,52才,普通肌)
サテンマットパウダーファンデーション

5点 2020/02/25

# 025

パケ買いです。お直し用のパウダーを探しており前から狙っておりました。なのでパウダー的にどうのは全く考えておりません。只今シスレーのパウダーを使用してそろそろなくなるかなと思い購入したのですがかなり長持ちしまだまだ出番がありません。持ってるだけでテンション上がるので早く使用したい

バームアレーヴ リップバーム by 麻実子(女性,36才,乾燥肌)
バームアレーヴ リップバーム

2点 2020/02/22

#2 No More Orchids(ピンク)

ブルベウィンターのわたしには似合いませんね。サーモンピンクです。リップのグリーンがとっても可愛くほぼ一目惚れで購入したんですが、ちょっと失敗。イエローベースの方の方が似合うかもしれません。

関連するコンテンツを見る

▲ページのトップへ