お正月の海外といえば、「ハワイ」!
ハワイに行った人も、行ってない人も楽しめるハワイコスメ特集。今回はハワイで人気のコスメショップ
「クラッシュワイキキ」とコラボしました。人気のコスメをチェックしましょう!

ワイキキのTギャラリアハワイby DFSの向かいにある、ハワイのガイドブックや雑誌で必ずと言っていいほど、 紹介されることの多い人気のコスメセレクトショップです。
お店にはオーナー自身が商品を実際に試し、
厳選されたアイテムが所狭しと並んでいます。
イスに座ってゆっくり商品が選べる店内は、ほとんどの商品にテスターが用意され、お店で気軽に試すことができます。
気になる商品は試してから購入することができるので、使用感がわからなくて後から買って後悔。。なんていう、お買い物の失敗の心配はありません!
また、自分だけでは商品が選べないという場合も、お悩みを相談することができ、お悩みに合わせた今の肌に必要なアイテムを教えてもらえるので安心です。
毎日たくさんの観光客の方が訪れるお店は、常に活気があり明るくアットホームな雰囲気です。
ワイキキにお越しの際はぜひ訪ねてみてくださいね!

ショップ情報
crush WAIKIKI(クラッシュワイキキ)
353 Royal Hawaiian Ave. 2階
営業時間:11~21時 無休
https://www.crushwaikiki.com/


オーナー ジュンコ・ボルターさん
オーナー ジュンコ・ボルターさん
10年間ニューヨークの某アパレルブランドで勤務され、結婚を機にハワイへ移られました。
現在はハワイで子育てをしながら、ワイキキにあるコスメショップ「crush WAIKIKI」を経営。
ワイキキではここでしか買えない商品を求め、すべて使用した上で今ベストな商品だけを厳選して販売しています。明るい笑い声で親しみやすく、観光客の方からも慕われているお姉さんのような存在です。

写真提供:アロハエクスプレス(エムオン・エンタテインメント発行)

crushWAIKIKIのイチオシブランド

Skin+Science(スキンサイエンス)

ハワイの皮膚科のドクターが、プロデュースしたブランド「スキンサイエンス」。アンチオキシダント効果に優れた、ドクター自らが推奨するキー成分、グリーンティーがすべての商品に配合されています。特にBBクリームSPF50は、通常のBBクリームと違い、コンシーラーの役割もするため、肌の色ムラなどの欠点をカバーしながらも、ナチュラルメイクのような仕上がりで大人気商品となっています。

オーナーJUNさんおすすめポイント!

「ドクターズコスメとしてはお値段もお手頃で、ハワイの皮膚科医自身がGreenTeaをキー成分としてこだわっている商品です。美容液、日焼け止めやBBクリームは無香料で、化粧品のにおいが苦手な方でも安心してお使いいただけます。」(JUN)

ALOHA White CONC(アロハ ホワイト コンク)

ハワイで日焼して、乾燥した肌をリカバーする為に、日常に使える物としてボデイウオッシュを企画開発しました。ハワイをイメージしたパイナップルをパッケージとして選び、さらに成分にもパイナップルを配合しました。他にもココナッツオイル、アロエベラエキスを配合し、色素の沈着を防ぎながら十分に保湿される肌に導きます。

オーナーJUNさんおすすめポイント!

「優しい甘さのパイナップルの香りにとても癒され、まるでハワイにいるかのような気分に!豊かな泡立ちで、肌の汚れを取り去りながら、毎日浴びる紫外線で焼けた肌の色素沈着、乾燥をケアしてくれます。洗い流した後もボディから、ほのかにパイナップルが香ります。」(JUN)

CAILYN(ケイリン)

品質の良い素材を選んだり、細部まで計算された最先端の製品を生み出しています。動物実験なども一切行わず、効果、環境への配慮も考えた商品を作り、美しくスタイリッシュな女性のために製品を生み出す革新的なブランドです。

オーナーJUNさんおすすめポイント!

「ブラシは人工の毛でありながら微細繊維でファンデーションやパウダーをむらなくフィットさせ、リフトアップ効果も期待できます。」(JUN)

ハワイ現地で作られる コスメブランドも見つけました!

Queen BeePRODUCTIONS MAUI (クイーンビー)

2009年にマウイ島で養蜂家であり、エステティシャンのKetherと認定薬草学者と養蜂家のTiareの2人の女性が始めたブランドです。 環境に配慮した製品を作り出し、肌、体、環境に良いスキンケア製品を生み出しています。ローマウイハニー、マウイビーズワックスなど天然成分とエッセンシャルオイルだけを使用し、食用に近い製品を、それぞれの製品は手作業で作っています。石油化学製品、フタル酸エステル、合成成分、ラウリル硫酸ナトリウムなどの成分は使っていません。

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ