夏も終わりに近づき、スマートフォンの写真フォルダには、海に、プールに、BBQ
といった夏の思い出がギッシリ!という方も多いはず。
一転、楽しい夏のお出かけにつきものなのが「日焼け」です。
万全な対策をとっていても日焼け止めが汗で流れてしまい、
防ぎきれなかった日焼けへの後悔は、もはや初秋の風物詩と呼べるかもしれません。
少しでも「日に焼けてしまった」という罪悪感がある方へ!まだ間に合う?今からできる?
…いいえ、
今だからこそできる秋冬に向けての日焼けケアをご紹介いたします。

HEALING CARE ▶▶▶

日焼けとは「日光皮膚炎」と呼ばれるやけどの一種。
もし日に焼けてしまった場合には「72時間」以内に冷やすこと。
炎症を起こしているお肌は、潤いを補給しながら冷やすファーストステップが重要です。
そこで紫外線が原因での、炎症が起きている肌の鎮静をサポートしてくれるアイテムをご紹介。
春夏の日焼けを秋に癒して、冬に再生させるのが必勝の白肌テンプレート!

WHITENING CARE ▶▶▶

こんがりと色づいた真夏のお肌。でも色白女子に憧れる秋冬。
夏にため込んだメラニンが原因で、将来のシミに!?
なんて、後悔しながら過ごすのはイヤだから、
今からでもできるスキンケアで数年後の美肌を叶えましょう!

SHEETMASK CARE ▶▶▶

1枚で集中保湿&ケアができるシートマスクは、
うっかり焼けをしてしまった時の強い味方!
ほてったお肌をひんやりシートで癒せば、今年の日差しも帳消しに!?
忙しくて時間のない方も、スキンケアは簡単に済ませたいずぼらさんも
「ながら美容」で、時短&簡単&完璧なケアができる、シートマスクをご紹介。

DAMAGELESS HAIR ▶▶▶

私達の身体でもっともお日様に近い場所は、当然「頭部」です。
つまり、もっともダイレクトに紫外線を受けているのは髪の毛ということになります。
夏の紫外線や塩分で髪の表面のキューティクルが剥がれやすくなり、枝毛やからまりの原因に。
見て見ぬふりはもうできない!夏に貯めた髪のダメージは、
潤いをたっぷり補給して、秋までに徹底ケアがマスト!

A/W UV CARE ▶▶▶

紫外線が弱くなる季節でも「日焼け」は無縁ではありません。
露出が多い春夏も、しっかり着込む秋冬も、顔の露出度はほぼ同じ。
空気も乾燥してくる秋冬は、保湿機能の高いケアに サンケアをプラスワン!
さらにSPFの入ったメイクアイテムなら、油断した日焼けも防げるはず。
忘れがちなこれからの季節だからこそ、紫外線対策を抜かりなく♪

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ