真夏の紫外線に負けない!「UVケア特集」2019

今年もついに夏本番!海や川、山へのお出かけが楽しくなるこの時期♪
けれど外では強烈な紫外線・・・。
UVケアを怠ると、シミやシワの原因になることはもちろん、
皮膚がんに繋がる恐れも。
そんな恐ろしい紫外線はきちんとしたUVケアで徹底ガード!
正しい知識を身につければ、真夏の太陽も怖くありません♪
しっかりUV対策をして、思いっきり楽しい夏の思い出を作りましょう!

紫外線とは

紫外線には3種類あります。
紫外線C波(UV-C)といわれるものは現在地表には届いていないものなので、
私たちにさほど影響はありませんが、
問題なのは紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)です。

UV-A(紫外線A波)

地表に届く全紫外線のうち紫外線の90%はこのA波です。浸透力が高く、肌の土台である真皮を直接破壊するのが特徴です。
真皮層まで達したUVAはハリを生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する繊維芽細胞を破壊します。それにより弱ってしまった肌は、ハリや弾力が失われ、新陳代謝が乱れ、古い角質を残したままになり肌はくすんで見えてしまいます。
また、ガラスや曇り空も突き抜けてくる程強く、天候や部屋の中にいても気が付かないうちに紫外線を浴びている可能性があるので気を付けましょう。
また近年よく耳にする、光によるお肌の老化現象 「光老化」。老化の原因70%~80%がこの光による老化といわれ、このA波が原因といわれています。

UV-Aのまとめ

  • 曇りや窓ガラスをも通してくる
  • 真皮層まで達し、コラーゲンなどを破壊する
  • ハリ、弾力が失われて肌がくすむ
しわやたるみの原因

UV-B(紫外線B波)

主に肌の表面で吸収されるため真皮層にはほとんど達することはありませんが、UV-Aよりも強いエネルギーを持ち、皮膚がんや白内障を起こす可能性がある有害な紫外線です。
そのため 短時間でも肌の炎症反応や色素沈着を引き起こす作用があります。
また、肌にメラニンを作らせ、肌を黒くするのが特徴なので、シミやそばかすの原因になるともいえます。

UV-Bのまとめ

  • 表皮に強いダメージを与える
  • 波長が短くエネルギーが強く表皮を損傷させる
  • 発がん性が強い
  • 窓ガラスは通過しない
シミやそばかすの原因

よく見かけるPA・SPFとは

日焼け止めだけでなく、様々な化粧品にもよく記載されている「PA・SPF」の
表示ですが、その違いは曖昧な方も多いはず。
PA=UV-A、SPF=UV-Bそれぞれの防御力を表しており、
利用シーンや目的に合わせて選ぶことが大切です。

PA(Protection Grade of UV-A)

色素沈着を起こすまでの時間を、「+」は2~4倍、「++」は4~8倍、「+++」は8~16倍、「++++」は16倍以上引き伸ばしてくれます。つまり、PAはUV-Aの日焼けにより色が黒くなるのをブロックする力を持っています。
※このPA表示はアジア圏ではよくみられますが、 欧米の商品には表示されていない場合があります。

  • PA+…効果がある(日常生活)
  • PA++…かなり効果がある(レジャー)
  • PA+++…非常に高価がある(リゾート地や海辺)
  • PA++++…極めて効果がある(非常に紫外線の強い場所/紫外線に敏感な方)

SPF (Sun Protection Factor)

UV-Bの日焼けにより皮膚が赤くなるのをブロックする力を持っています。SPF1=UV-Bを20分ブロックする事ができるので、SPF15の日焼け止めを塗った場合20×15=300分(5時間)UV-Bを防いでくれるという事になります。また、SPF15の日焼け止めをSPF20の日焼け止めを一緒に塗ってもSPF35の効果があるわけではありません。

SPF15+SPF20=SPF35

  • SPF10~20 日常生活
  • SPF21~40 軽いレジャーやスポーツ
  • SPF41~50 リゾート地や海辺

しかし、PA/SPFが高いほど肌への負担も大きいといえ、目的に合わせた日焼け止めを選び、こまめに塗りなおす事が大事だといえそうです。また、日焼け止めをきちんと落とすことも肌にとっては大切です。
実は、「すぐ赤くなり、後にほとんど黒くならない」タイプの人が一番紫外線による影響を受けやすいので、そのような日焼けタイプの人はより一層注意が必要です!

シーンに合わせた日焼け止めの選び方

天候・季節による紫外線量の変化

天候によって変わります。
紫外線は晴れた日だけに私たちに降り注ぐわけではありません。
曇りの日でも雨の日でも、紫外線は降り注いでいるのです。

天候による紫外線量

雨の日でも0%になるわけではありません。さらに、日陰でも上記の50%はあります。天気が悪くても、日陰にいても、注意が必要です。

3~4月頃から紫外線が一気に増えます。ピーク 時の70%程あります。UV-Aに関しては5月がピークです。アレルギーや乾燥で肌も敏感になっているので、きちんとサンケアをしてあげる事が必要です。

紫外線の照り返し・反射

私たちは上空から降り注ぐ紫外線だけでなく、地表面で反射された紫外線も浴びています。
上空から降り注ぐ紫外線は帽子や日傘で防げますが、
地表面から反射してくる紫外線を防ぐことはできません。
やはり日焼け止めでのサンケアが必要だといえそうです。

紫外線の照り返し

新雪では紫外線は1.8倍になるという事で照り返しにも油断はできません!

好みによって使い分け♪オススメの日焼け止めアイテム

絶対焼かない慎重派!高SPFの日焼け止め

スポーツやレジャーなど、塗り直しできない心配がある時に安心な高SPFアイテム!
イベントが増える夏には1本は持っておきたいアイテムです。近年ではファンデーションに配合されているものや、
敏感肌でも使えるものなど、種類も豊富に♪

内側からも完璧ガード!飲む日焼け止め

定期的に飲むことで、天候の変化によるうっかり焼けの予防にも!
汗や水で落ちないので、安心してアクティビティにもチャレンジできます。

お肌に嬉しい♡スキンケア配合の日焼け止め

UVをカットしながらも、肌にうるおいを与えスキンケア効果もある日焼け止めは、近年注目の的!
ストレスフリーで美肌に導く、多機能UVケアでキレイを叶えます。

敏感肌さんも安心♪ナチュラル成分の日焼け止め

お子様や敏感肌のかたでも使える、オーガニック成分配合の商品や、石鹸でオフできるお肌の負担にならないものが
近年注目の的。 自然由来の成分を主に使用しているので、家族みんなで安心して使えます。

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ