5%還元キャッシュレス・消費者還元事業

ビタミンCは野菜、フルーツ、サプリ…
など手軽に摂ることができるものはたくさんあり、非常になじみ深い栄養成分ですが、
最近ではその美容パワーが注目され、ビタミンC配合コスメが人気を博しています。
そんな手軽に摂ることができるビタミンCの最強美容パワーは肌に直接取り入れたい
ものですよね。
そこでビタミンCの働き、肌への恩恵、気になる肌への吸収、おすすめのビタミンC美容液を
ご紹介いたします♪

ビタミンCの基礎知識

ビタミンCとは

ビタミンCとは、別名アスコルビン酸と呼ばれます。体内のコラーゲンの生成に必要な物質で、ビタミンCが不足すると、壊血病を引き起こすなど、健康維持に必要な物質と言えます。しかし、ヒトはビタミンCを体内では作りだすことができないので、日々の生活の中で意識し、積極的に摂取する必要がある物質なのです。

ビタミンCの摂取量

ビタミンCの推奨接種量は一日100mgと言われています。野菜や果物で例えると、キュウイ2個、柿1個、赤ピーマン1個、ゴーヤ1/3個などと表現することができます。
食材によって含まれているビタミンCの量はばらつきがありますが、意外なことにビタミンCの代名詞とも思われるレモンはビタミンCの含有量が少なく、推奨量の100mgを摂取しようするとレモン6~7個を摂取する必要があります、とてもレモンをそんな数は摂取できませんので、ゴーヤ、キャベツや緑黄色野菜などの含有量が多い食材から効率よく摂取するよう心がけましょう。

ビタミンC含有量100gあたり

  • 野菜・果物
  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • ピーマン
  • ゴーヤ
  • ブロッコリー
  • 菜の花
  • キウイフルーツ
  • イチゴ
  • オレンジ
  • 含有量
  • 170
  • 150
  • 76
  • 76
  • 120
  • 110
  • 69
  • 70
  • 62
  • 60

参考資料:日本食品標準成分表 文部科学省

ビタミンCは生&こまめに

ビタミンCは水溶性物質なので、洗いすぎ厳禁です。また加熱に弱いので、なるべく生で摂取するようにすると食材に含まれるビタミンCをもらすことなく摂取することができます。「じゃあビタミンCを大量に摂取すればいいの??」そういうわけではございません!摂取しすぎたビタミンCは尿中に排出されしまいます…こまめに摂取することが大切です。

ビタミンCでストレス耐性UP

ビタミンCは風邪や病気の予防によいイメージを皆さんお持ちかと思いますが、最近ではその抗酸化作用が注目されています。 ビタミンCを摂取することで、20代をピークに低下してしまう体本来が持つ抗酸化作用を補うことができます。 また、ビタミンCはストレスに対応する「副腎皮質ホルモン」の生成に必要な物質で、ビタミンCを上手にとることで、日々のストレスに対抗する体作りにつながります。 何かとストレスが尽きない現代社会ですが、ストレスを感じる人はビタミンCを多く消費しやすいので、お肌のためにも積極的に摂取するように心がけましょう。

ビタミンCの肌への恩恵

そんな健康維持に必要なビタミンCですが、
ビタミンCの持つ肌への恩恵は、
1. コラーゲンの生成促進
2. メラニンの生成を抑える
3. 毛穴の目立ちにくい肌を作る
4. 抗酸化作用

美肌を目指すには欠かせないポイントで、ビタミンCはまさに美肌への最強成分ともいえます。

  • 1

    コラーゲンの生成促進

    私たちの皮膚や血管などに多く含まれ繊維性のタンパク質がコラーゲンです。
    コラーゲンの生成に不可欠なのがビタミンCであり、
    ビタミンCが不足すると肌の弾力、ハリ、ツヤが失われ、たるみの
    原因になるとも言われています。

  • 2

    メラニンの生成を抑える

    紫外線を浴びるとメラニンが生成され、悩みのタネが作られます。
    ビタミンCはシミやソバカスの元となるメラニンの生成につながる「シロチナーゼ」という
    酵素の働きを抑え、メラニンの生成を抑えます。
    またメラニンの還元作用も備えており、できてしまったシミに対しても働きかけ、
    シミがより黒褐色にならないよう色素沈着を起こしにくくする作用があります。

  • 3

    毛穴の目立ちにくい肌を作る

    毛穴が目立つのは、毛穴の開きが原因。
    皮脂の過剰な分泌、肌のたるみが毛穴の開き、につながりますが、
    ビタミンCには皮脂分泌を正常に整える働きがあります。
    そして、毛穴周辺のたるんだ肌を引き締め、毛穴の目立ちにくい肌へと導きます。

  • 4

    抗酸化作用

    体内の免疫機能や感染防御に重要な役割を果たしている「活性酸素」は、
    呼吸やストレス、喫煙などにより体内に発生し、過剰に増えることで細胞に
    ダメージを与え体内を酸化させ、肌や身体の老化の原因となると言われてます。
    ビタミンCはこの活性酸素を消去し、体内の酸化を防ぐ作用を持っています。

肌から食べる?それとも口から

食べることで得られるビタミンCの恩恵は、肌にも健康にもとても効果がありますが、「肌から直接摂取すればもっとすごいのでは??」と思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、ビタミンC自体はとても不安定な成分で空気と触れると、過酸化ビタミンCとなり、肌を傷つけてしまう場合もあります。 また、ビタミンCには紫外線を吸収しやすくする「ソラレン」という成分も含まれており、野菜やフル―ツを用いた自作のスキンケア剤などはなるべく使わない方がよいと言えます。
そして、そもそもビタミンCは肌へ浸透しにくい成分なので、最強とも思われるその恩恵を直接その肌に注ぎ込むことが出来ない成分なのです。そこで、肌を傷つけないように、その成分が届くように開発されたのが「ビタミンC誘導体」と言われる成分です。ビタミンC誘導体は、ビタミンCそのものが抱える弱点である、肌への浸透力、不安定を克服するように改良されており、ビタミンCの持つ美肌効果を十分に届けることができます。 食べてもよし、塗ってもよしのビタミンCですがポイントを抑えて摂取して、その美容パワーをしっかりと体と肌に注ぎ込みましょう♪

食べるなら

食べるなら

①1日100mg
②洗いすぎ厳禁、生食
③こまめに摂取

塗るなら

塗るなら

①ビタミンC誘導体のもの
②自作のスキンケア剤は厳禁

ビタミンCを肌からしっかり摂れる ビタミンCコスメをご紹介いたします♪ こちらをご参考にビタミンCの 最強美肌パワーをお肌から グングン吸収しちゃいましょう!

おすすめビタミンC美容液

こちらもあわせてどうぞ!
「しっかりビタミン摂取」

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ