ブルーム アイカラークリーム

Bloom Eye Colour Cream

【送料無料】リッチでセンセーショナルな輝きを実現!

アイカラークリーム
この商品に口コミする
ご購入後の口コミで100ポイント
プレゼント!詳細はこちら

7名の方が登録しています
返品について
返品は承れません。ただし、破損・誤送の場合は こちら
# モス(香港1発送) 参考価格 ¥2,376 通常販売価格 ¥1,120 セール価格 ¥1,110(税込)
  • 代引きを希望するお客様には佐川便で発送いたします

お届け:ご入金後3~7日 香港1発送

お届け 海外商品の税金/処方その他

# モス

JAN:9320663006616

53%off

セール ¥1,110
商品ID:89048
残り
76個
# ピオニー

47%off

¥1,270
商品ID:89049
残り
0個
# ラグーン

44%off

¥1,330
商品ID:89046
残り
0個
# ラベンダー

44%off

¥1,330
商品ID:89047
残り
0個

・商品説明

クリーム状なのにサラッとした軽い質感で、リッチでセンセーショナルな輝きを実現。まるで目元にモダンなキラメキのベールをかけたような仕上がり。また、化粧崩れしにくくするスリップ・プルーフ機能で、ヨレやすい目元にも最適。

・ブランド説明

オーストラリアの自然由来の成分を主原料とした化粧品ブランド『Bloom 』ナチュラルな素材に徹底したこだわりをもち、香りにエッセンシャルオイルを使用しています。また、可愛くフェミニンで、遊び心のあるカラーや個性的なパッケージが人気です。花のように美しく可憐で、そしてナチュラルでいて欲しいというデザイナーの思いが込められたコスメです。
よく一緒に購入されているブルームの商品
よく見られているアイシャドウ

口コミ

おススメ度 by みーこ(女性,乾燥肌,52才) 2014/09/07

# モス

以前から気になっていたブランド、ブルーム
パッケージが可愛い
肝心の中身ですが、思っていたよりシアーな発色でした
でも、落ちついたグリーンなので、この位の濃さでいいのかもしれません
キレイに伸びるし、上からアイシヤドーを重ねても色のニュアンスは
きちんと残ります
スティラ等がお好きな方にオススメ

おススメ度 by rosamama(女性,乾燥肌) 2014/04/18

# ラベンダー

クリームタイプのアイカラーは使いやすくて良かったです。
パウダーシャドーを重ねるとgood!
ブルーム懐かしい♪

おススメ度 by miammiammiam(女性,普通肌) 2014/03/20

# モス

薄付きでよく伸びて使いやすいです。シダーウッドみたいないい香り。
はっきり色を出したくて重ね塗りするとよれちゃいますが。

全ての口コミを読む:5件

ブルーム(Bloom)

ブルーム(Bloom)

ブルーム(Bloom)

オーストラリア発・肌に優しく美しい発色を極める、大人のガーリー・スウィート
ブルームはスタイリッシュで遊び心がある、まるでパーソナリティとソウルがあるブランドです。
ナチュラルな素材だけを使用し、芳香には100%エッセンシャルオイルだけを使うこだわりもあります。
ビューティープロダクトを使用することは、
香りなど、あらゆる感覚を楽しむことであるべき。
ココロとカラダのためのコスメブランド、それがブルームです。

ブルーム(Bloom)

1993年メルボルン。小さなアートデザイン会社に勤務していたナタリー・ブルームさんは刺激の少ない仕事に苛立ちを感じていました。 当時担当していたカードやステーショナリーのデザインだけでは物足りない、もっと何か違うもの、刺激があるデザインをしたい。 頭の中で爆発するように生まれ始めた数々のアイディア、そして独立したいという強い気持ち・・・。 刺激を求めるナタリーさんの創作意欲は、夫であるブライアンさんとの出会いによってさらに大きく花開きました。

ブルーム(Bloom)

アントレプレナーであったブライアンさんはビジネスを立ち上げることを強く勧め、幼い頃からリップバームが大好きであった彼女は、 「ナチュラルな素材で唇に優しく、自然な香りがするものを作りたい」という思いを込めてBloom Pty.Ltd.を立ち上げたのです。
「何に関しても時間が消耗され、毎日力尽きていました。朝早くから夜遅くまで、デザインはもとより、セールス、プロダクション、
経理・・・。 はじめは自宅で開業していたので、母や妹なども多いに貢献してくれました。BloomPty.Ltd.は家族があって、周りの方のサポートがあって実現したものです」

ブルーム(Bloom)

ブルーム(Bloom)

ビジネスが軌道に乗るには相当の時間と苦労が費やされましたが、ナタリーは90年代世界中で巻き起こったコスメブームの先端を確実に歩んでいました。
そして、それまで外国ブランドが支配していたオーストラリアのコスメ業界に新たな歴史を刻みこむこととなったのです。

はじめはオーストラリアを中心に大手デパートDavid JonesやMyerに商品を並べ、
やがてアメリカ屈指の高級デパートSaks Fifth Avenueから初めてのオーダーが入りました。
そして、そして2006年3月には日本初の直営店を東京・表参道にオープン。
ブルームの化粧品販売に加え、店内にはカフェを併設。ハーブティーやシャンパンなど、メルボルンの
"カフェタイム"が楽しめ、ナタリーさんのコンセプトですべての女性が癒される空間'を提供しました。


  
SCT SECURE - Secure Site Alert Logic
上記プロテクションにより、このサイトは堅牢に保護されています。