メイクアップフォーエバー プロフィニッシュパウダーファンデーション

MAKE UP FOR EVER Pro Finish Multi Use Powder Foundation

【送料無料】プロの仕上がりを簡単に叶えるファンデーション。

プロフィニッシュパウダーファンデーション
この商品に口コミする

3名の方が登録しています
# 165 ピンクキャメル(香港1発送) 参考価格 ¥5,400 ¥3,770(税込)
  • 代引きを希望するお客様には佐川便で発送いたします

お届け:ご入金後3~7日 香港1発送

お届け 海外商品の税金/処方その他

# 165 ピンクキャメル

JAN:3548752059800

30%off

¥3,770
商品ID:142739
残り
0個
# 168 ゴールデンキャメル

JAN:3548752059817

30%off

¥3,770
商品ID:142740
残り
0個
# 110 ピンクポーセリン

21%off

¥4,250
商品ID:142725
残り
0個
# 113 ニュートラルポーセリン

21%off

¥4,250
商品ID:142726
残り
0個
# 115 ピンクアイボリー

21%off

¥4,250
商品ID:142727
残り
0個
# 118 ニュートラルベージュ

21%off

¥4,250
商品ID:142728
残り
0個
# 120 ニュートラルアイボリー

21%off

¥4,250
商品ID:142729
残り
0個
# 123 ゴールデンベージュ

21%off

¥4,250
商品ID:142730
残り
0個
# 125 ピンクベージュ

21%off

¥4,250
商品ID:142731
残り
0個
# 127 ゴールデンサンド

21%off

¥4,250
商品ID:142732
残り
0個
# 128 ニュートラルサンド

21%off

¥4,250
商品ID:142733
残り
0個
# 130 ピンクサンド

JAN:3548752059756

21%off

¥4,250
商品ID:142734
残り
0個
# 140 ニュートラルハニー

JAN:3548752059763

21%off

¥4,250
商品ID:142735
残り
0個
# 153 ゴールデンハニー

JAN:3548752059770

21%off

¥4,250
商品ID:142736
残り
0個
# 155 ピンクハニー

JAN:3548752059787

21%off

¥4,250
商品ID:142737
残り
0個
# 163 ニュートラルキャメル

JAN:3548752059794

21%off

¥4,250
商品ID:142738
残り
0個
# 170 ゴールデンアンバー

JAN:3548752059824

21%off

¥4,250
商品ID:142741
残り
0個
# 173 ニュートラルアンバー

JAN:3548752059831

21%off

¥4,250
商品ID:142742
残り
0個
# 174 ニュートラルサフラン

JAN:3548752059848

21%off

¥4,250
商品ID:142743
残り
0個

・商品説明

即座にプロのような仕上がりを叶え、カバー力を自在に操るファンデーション。
独自の顔料を使用し、水あり、水なしで使用できます。
水ありはシアーでセミマットな仕上がりです。
ドライの場合、フルカバーのマットな仕上がりです。
リキッドファンデーションをコンパクトにしたかのような保湿力のある仕上がりがロングラスティングで長時間続きます。
幅広いシェードから選べます。

・ブランド説明

1984年にパリで誕生以来、世界中のプロに愛され続けるコスメティックス。メイクアップフォーエバーは、プロフェッショナル・メイクアップの世界になくてはならないブランドとして、世界中のステージや撮影スタジオ、ファッションショーのバックステージなどで使われて来ました。唯一無二のメイクアップアーティスト、ダニー・サンズが開発するアイテムは、100色を超えるアイシャドウやリップスティックをはじめ、幅広い色と質感、鮮やかな発色、色持ちの良さ、耐水性などの機能にも優れ、プロフェッショナルニーズを満たし唸らせるアイテムが勢ぞろいしています。誰もが自分のベスト・メイクアップアーティストになれるブランド、それがメイクアップフォーエバーです。
よく一緒に購入されているメイクアップフォーエバーの商品
よく見られているパウダーファンデーション

口コミ

おススメ度 by ラピス(女性,乾燥肌,64才) 2015/11/01

# 174 ニュートラルサフラン

色味がとても濃いので、使いこなせません。色の選択肢が少ないので仕方ないかと思いますが、かなり顔とのバランスが悪くて、期待度が高かっただけに残念です。

メイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER)

1984年にパリで誕生以来、世界中のプロに愛され続けるコスメティックス。メイクアップフォーエバーは、 プロフェッショナル・メイクアップの世界になくてはならないブランドとして、世界中のステージや撮影スタジオ、 ファッションショーのバックステージなどで使われて来ました。唯一無二のメイクアップアーティスト、 ダニー・サンズが開発するアイテムは、100色を超えるアイシャドウやリップスティックをはじめ、 幅広い色と質感、鮮やかな発色、色持ちの良さ、耐水性などの機能にも優れ、 プロフェッショナルニーズを満たし唸らせるアイテムが勢ぞろいしています。 誰もが自分のベスト・メイクアップアーティストになれるブランド、それがメイクアップフォーエバーです。

メイクアップフォーエバーは、"プロフェッショナルのためのブランド"としての質とセンスの高さ、 そしてクリエイターであるダニ-・サンズへの絶大な信頼によって世界中のプロフェッショナル達から愛されています。

ブランドの誕生は1984年。ダニー・サンズと夫のジャックが立ち上げました。 目指したのはプロのメイクアップアーティストが実現したいと思うどんな表現も可能にする、 処方・機能・テクスチャーなど全てを既存のコスメから離れ、新たに追求したプロフェッショナルコスメティックス。 当初は演劇やファッションショーなどステージのメイクアップ製品を中心に提供し、 パリ市内のラ・ボエシ通り5番地に最初の店をオープンすると、またたく間に世界中のプロフェショナルたちの熱い注目を集めるようになりました。
 

メイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER)


完璧主義者のクリエイターであるダニーが、メイクアップアーティスト達のどんな要望にもピッタリの商品を提供できるよう品揃えを充実させた結果、現在では140色のアイシャドウ&パウダーブラッシュや90色のリップスティックをはじめ、ボディペインティングや特殊効果用のアイテムも含め、1,400品番を越える製品ラインナップが揃いました。

ダニー・サンズが語るメイクアップの極意!

1984年、メイクアップフォーエバーを立ち上げたきっかけはなんなのでしょうか?

 

それはとてもシンプルな理由です。 当時、私はプロのメイクアップアーティストとして活動していましたが、 その現場で「あるべきアイテムが無い」と感じることがとても多かったのです。 またメイクアップアーティストの養成にも携わっていましたが、 クリエイティブなメイクを実現するためには、従来のアイテムでは色のバリエーションやプロダクトが明らかに不足していました。 ですので、自身のブランドを立ち上げたそもそもの発端は「ビジネスとして成功しそうだから」ではなくて、 実際に「足りない」と感じるものをプロデュースするために必要に駆られてだったのです。

 

長年携わってきたメイクの世界で、あなたを惹き付けているものは何でしょうか?

 

私がこの仕事に惹き付けられるポイントは、ほんの少しのメイクが人を変えられる、変身させられるという事です。 キーワードはトランスフォーメーション(変身)。 私は舞台メイクからこの世界に入りましたが、舞台においては、とてもアーティスティックにメイクを施すことで、 時にはその役柄の人格まで変えてしまうような極端なトランスフォーメーションを実現してきました。 それは舞台の上のみではなく、一般の方も同様にトランスフォーメーションを望み、メイクによってそれは可能だということを、 ショップのカウンターで実際にお客様を相手にした際に気づいたのです。 カウンターを訪れる人は肌や顔のどこかに悩みをかかえていたり、年配の方でエイジングによる見た目の変化を気にしていたり・・・。 そういった方たちもほんの幾つかのメイクアッププロダクトがあるだけで誰でも変身でき、美しくなることで心理的にも幸せになれるんです。 日常も非日常も、トランスフォーメーションという部分でメイクは同じ作用を人に与えることができるということ。 その事実が私の心を捉え続けているのだと思います。

 

日本の女性のメイクについてどう思いますか?

 

日本人の女性のメイクはふたつの潮流に分かれているように見えます。 東京の原宿あたり、またはパリの街角で見かける日本人女性は、とてもエキセントリックでトゥーマッチなメイクをしています。 その一方で東京の街角では控え目でクラシック、定番的なメイクをしている女性もよく見ます。 私が知る限りでは、日本の、特に若い女性は大きく分けるとこの2つの潮流に分かれています。 他のアジアの国々と比べてみても、日本にはカラーのモードの到来が遅く、 台湾や韓国では随分以前からアイメイクに色を積極的に取り入れてましたが、日本人の女性は常に慎重です。 アイメイクはマスカラだけとか、色を入れても控え目だったり。アイメイクに色を取り入れるということに関しては、 おそらくアジアの中で一番奥手だったのではないでしょうか。 今は新しいカラーの流れがようやく出てきて、ひとつのメイクアップスタイルとして確率してはいると思うのですが、 まだまだアイメイクに関して言えば「日本人の女性は慎重だな」というのが私の印象です。

 

日本の女性にメイクについてアドバイスすることは?

 

美しいと願う女性であれば「メイクを欠くべからず」、とアドバイスしたいです。 誰でもほんの少しメイクをするだけで変われる可能性を秘めているのですから。 日本女性について言えば、特にアイラインはマストです。 私のこれまでの経験では、日本の女性はアイラインをきちんと描くだけで印象が非常に変わります。 ひと昔前に比べるとスキンケアの技術が革新的に進化して日本人の女性の肌はとても美しくなったので、 それをさらに際立たせるちょっとしたひと手間を惜しまないで、アイペンシルできちんとアイラインを描くだけでずいぶん印象は変わります。 グロスやパウダーファンデーションと違ってアイメイクはどうしても腰が引けてしまうようですが、私はあえてそれを強くお勧めします。〟

 

ダニーサンズのメイクアップ実演 動画


  
SCT SECURE - Secure Site Alert Logic
上記プロテクションにより、このサイトは堅牢に保護されています。