Q

ケミカルノンケミカルとは?

素朴な疑問

A

ケミカルとは英語のchemical(化学物質)のことで、化学物質を含むものを指し、反対にノンケミカルは化学物質を含まないものを指します。

元々、化粧品においては日焼け止めに対して使われていた用語で、紫外線吸収剤が含まれているものをケミカル、紫外線散乱剤が含まれているものをノンケミカルと表現していました。

ケミカルに含まれる紫外線吸収剤とは、紫外線を肌に吸収した後、熱などのエネルギーに変換することで日焼けを防ぐもので、化学物質を使用しています。
紫外線カット効果が高く、主にクリームタイプやジェルタイプに使用されます。肌に塗った後、白浮きすることがないので、使用感は良いとされています。ただし、肌に負担がかかってしまうので、敏感肌の方ですと肌トラブルやアレルギー反応を起こす可能性があります。

一方で、ノンケミカルに含まれる紫外線散乱剤は、紫外線を反射させ日焼けをしないようにするものです。
紫外線吸収剤とは違い化学変化を起こさないため、肌への刺激が少なく、石けんで簡単に落とすことができるものも多いです。しかし使用した後に、白浮きや乾燥する場合があること、汗や水で流れやすく、こまめに塗りなおす必要があることが難点です。

近年ではケミカル、ノンケミカルどちらも、デメリットを減らしてきている商品が出てきており、ケミカルでも低刺激のものや、ノンケミカルでも白浮きや乾燥しないものも存在します。

また、日焼け止め以外でも、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、パラベンなどの化学合成物質を使用していない商品を「ノンケミカル」と表します。

▲ページのトップへ