シャハラン・メスリイメージ

品質へのこだわり ~植物本来のエネルギーを最大限に引き出す原材料~

  • 原料となる素材を吟味し、採取場所、採取時期にこだわっています。
  • 数千年前から伝わるインドやペルシャの美容法を基本理念に健康美と素肌美にアプローチします。自然の持つバランス(素材の組み合わせ)により発揮される素材の効力をナチュラルにそしてパワフルに生かします。
  • 長年にわたる植物の研究の結果、高濃度エキスの同時抽出方法を開発しました。さらに抽出時、原料を多く使用することで高品質のエキスを得られます。このように成分の抽出方法や抽出過程においても徹底的にこだわりました。

SAG(スペシャルアラビアゴム)~驚異の解毒パワー~

原産地は、イラン南西部。
冬は-15度、夏は48度、年間降水量150ミリ以下という過酷な環境で育成している樹木。
18種類の天然アミノ酸含有。毒性を調べる植物バイオ研究で、化学性のものにアラビアゴムを注入することにより毒性が消え、 植物が芽を出し、育つという驚きの結果が出ました。アラビアゴムを使用することにより、試験管のなかで3~4倍長く生きるという結果も出たのです!
※一般的に呼ばれているアラビアゴムとは別のものです。
※SAG(スペシャルアラビアゴム)の植物細胞に栄養を運ぶ働きと有害物質の中和の働きを駆使し、安全性を追求し続けます。

贅沢な天然保存料 ローズウォーター ~美を高めるバラの秘密~

古くから世界中の人々に愛されているバラの種類は、現在約2万種類にも及び、 色も形も様々です。しかし香料として一般的に使用されているのは数種類で、
その中でも最良と言われるのがダマスクローズ。数あるバラの原種にあたり、 最も香りが良いということでも有名です。防腐効果に優れ、消臭効果、 また女性ホルモンの働きを良くし、心身の改善に良いとされています。 ローズといえば今ではすっかりブルガ

リアが有名ですが、元々バラはイランからヨーロッパに渡ったもの。本商品のローズウォーターに使用されているバラの 原産地は、イランの中央部カシャンシティ(バラの起源である、砂漠の街)。 朝夜の気温差が60度以上ある厳しい環境の中で育つバラは、ローズウォーターとの原料として最高品質を誇ります。

【ローズウォーターの抽出方法】 30kgのバラの花びらを、70リットルの熱湯に入れ6時間以上沸騰させその間、水蒸気としてパイプを使って抽出させる30リットルの液体が、ローズウォーターです。

  • 山の写真
  • 乾燥バラの写真
  • バラの写真02

メインのローズウォーター以外にも以下の厳選された原料が含まれています。

  • 『アムラ(アンマロク果実)エキス』~天然のビタミンC~

    アユールヴェーダの代表的な植物。天然のビタミンCが豊富に含まれており、アンチエイジングに最強のハーブと言い伝えられています。

  • 『アロエベラ』~保湿・水分バランス~

    原産地は、インド西部のマハラシュトラ。高品質のアロエベラを選出しています。1kgのエキスを抽出するために200kgのアロエベラを使用しています。

  • 『ウコンエキス』~皮膚の健康~

    一般的にウコンに含まれるクルクミン成分は、通常1~2%の含有率ですが、約2年間に及ぶインドでの研究の結果、ついにはクルクミン成分92~99%の抽出に成功したのです。1kgのクルクミンを抽出するのに40kgのウコンを使用しています。

  • 『キュウリ果実エキス』~保湿・ビタミン~ 

    原産地はインド中部。1kgのキュウリ果実エキス抽出に50kgのキュウリを使用しています。

  • 『ヘナ(ヘンナ葉)エキス』~トリートメント~

    原産地はインド中部。ヘナの中でも髪質をスムーズにしてくれる成分のみを抽出しており、着色しないのが特徴です。

  • 『甘草エキス』~トリートメント~

    原産地はイラン西部。この甘草に含まれるグリチルリチン酸(20~25%)、でんぷん、ゴム(24~28%)の割合が、高品質な自然化粧品を作ることにおいてとても重要です。

  • 『グアーガム』~栄養分、自然の粘度~

    原産地はインド中部。18種類のアミノ酸を含有し、グアーガムの持つ粘性により製品に自然の粘度を与えます。

  • 『大豆エキス』~頭皮の健康~

    有機栽培の大豆のみを使用し、7%以上のイソフラボンを含有する高濃度の大豆エキスを抽出しています。

  • 『キサンタンガム』~自然の粘度~

    化学成分に頼らず、自然の粘度を出します。

  • 『ニーム(メリアアザジラクタ葉)エキス』~最新の天然保存料~

    原産地はインド中部。皮膚を健やかに保つだけでなく、ローズウォーターと同様に防腐効果があるため、保存料として役割をしています。

世界初!!植物組織培養技術による安全性の証明!!

安全性の実験方法(ザ・ローションと市販のぺビーローションを比較)

  1. MS培地にザ・ローションを25%を混ぜ、これを試験管に入れ消毒します。
  2. 滅菌状態の中で、試験管に植物の種を入れます。
  3. 1.と同様に他社のローションで用意します。当然ですが、化学物質の混在する培地では植物の種は育たず死んでしまいます。

以下の実験で「Shahran Mesri」の製品からは種が発芽し成長したという事で安全性が証明されました。

実験写真

世界初!!G.M.L.T.E.抽出方法!

独自のG.M.L.T.E.(Gentle Multi Low Temperature Extracion)抽出法は、食品添加物を一切使用することなく、抽出課程においても
低温度の水のみを使用します。各種天然植物を組み合わせ、原料1つ1つではなく、このG.M.L.T.E.抽出法の基本となるB.I.P.66抽出法の
抽出比率を元にして同時抽出を行います。この同時抽出において、原料の成分が抽出後も残るのが特徴です。

●I.P. 66抽出法とは・・・
水とエタノールのみによる抽出過程を2度繰り返します。抽出の際には化学溶媒、食品添加物を全く使用しません。
他の抽出法の2.5倍の原材料を使用することでより多くの有効成分を維持。独自の配合により天然植物を組み合わせ、品質レベルの
高い製品作りをしています。

抽出方法写真

~抽出過程における有効成分維持の秘密~

  • 他の抽出方法に比べて、2~5倍の原材料を使用することにより、初期段階における有効成分を150%に見積もっています。
  • 次に殺菌と錠剤にする段階になると、有効成分が50%失われます。
  • しかし最終的には、有効成分100%に維持できます。
  • さらに乾燥過程においては、フリーズドライ(スーパードライよりコストは2~3倍かかる)を行い、さらに成分の有効性を高めるようにしています。
  • フリーズドライの直前に、混合エキスの殺菌に蒸気滅菌器(117度で20分間蒸気にあてる)を使用しています。これが最も有効で安全な殺菌方法です。
シャンプー&ローションの写真

このブランドのカテゴリ

このブランドの商品一覧

3件の中(1 - 3)を表示
3件の中(1 - 3)を表示
SCT SECURE - Secure Site Alert Logic
上記プロテクションにより、このサイトは堅牢に保護されています。