Q

OTC医薬品とは?

素朴な疑問

A

医師が処方する医療用医薬品と異なり、薬局・ドラッグストアなどで販売できる医薬品です。
Over The Counterの略で、カウンター越しの販売という意味です。
通称、大衆薬、市販薬と呼ばれてきましたが、2007年よりOTC医薬品に呼称を変更・統一されました。
OTC医薬品は自分自身での健康管理をしやすくした医薬品といえます。

また、OTC医薬品は第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の3タイプに分類されます。
第一類医薬品は、副作用・相互作用などの項目で安全上特に注意を要するもので、
第二類医薬品は、副作用・相互作用などの項目で安全上注意を要するもの、 その中でも指定第二類医薬品は第二類医薬品の中では特に注意を要するものです。
また第三類医薬品は、副作用・相互作用などの項目で安全上多少注意を要するもので、こちらは通信販売でも購入が可能です。

▲ページのトップへ