Q

香水ってどこにつければいいの?

素朴な疑問

A

つける場所によって、香る程度が違います。ヘビーな香りのものは、持続時間も長いので、
ウエストより下につけた方がいいです。
また首筋近くにつけると香りが強く、気持ち悪くなってしまうことがあるので要注意です。
体温が高いところは、香りがよく拡散し、本来の香りになります。
ここからは、細かく体のパーツごとにどのような香り方がするのか説明していきたいと思います。

髪につけると、ふわっと優しく香ります。特に長い髪の方におすすめです。
ですが、アルコールを含んでいるので髪を痛ませてしまう原因にもなってしまうこともあるので
注意しましょう。

耳の後ろにつけると、体温で深い香りになりますが、気持ち悪くなってしまうこともあるので
つけすぎには注意。
また直射日光があたるとしみにもなってしまうので注意が必要な部位です。

うなじにつけると、耳の後ろより優しく香ります。香り長持ちです。

胸につけると、体温が高い場所なので、香りがよく拡散します。なので、つけすぎには注意です。

腰につけると、食事のときも気にならない程度に香ります。またすれ違いざまにふんわり香るので、 大人っぽさを演出できます。香りが薄い場合はほかの場所との組み合わせがちょうどいいかもしれません。

手首につけると、体全体を覆うように香りに包まれます。自分で手首を動かせば香らせたいときに 香らせることも可能になります。またやりがちな、手首をこすり合わせることは、香りをつぶしてしまうためよくありません。

ひじにつけると、手首のアクセサリーを気にしなくても大丈夫です、また汗腺が少ない場所なため香りも立ちやすいです。ですが、お肌が敏感な部位でもあるので注意が必要です。

ひざにつけると、かすかに香りますので、お食事中でも大丈夫!スカートのときは特に香りを
振りまけるでしょう。

足首につけるときは、くるぶしの後ろ位につけるのがベストです。ふんわり香りつつ、歩く動きで香りが全体に広がります。

服につけてしまうといろいろな香りと混ざってしまったり、しみになってしまったりするので おすすめはしません。でもちょっとした小物につけるのもふわっと香っておしゃれですよね。

▲ページのトップへ