Q

ストレッチマークセルライトとは?

素朴な疑問

A

ストレッチマークは肉割れや妊娠線のようなもので、太ったり、過剰な筋トレなどの急激な 体の変化によってコラーゲン繊維が裂け、肌の表面に白いひび割れのような亀裂ができることです。
肉割れ線、妊娠線、ストレッチマークはどれも同じ意味です。
一度できてしまうとなかなか消えません。多くは、お腹、腰、お尻、ふくらはぎ、太ももに 出やすいといわれています。

一方セルライトは、皮膚の下で、脂肪と老廃物が合わさって固まり、塊となったものです。
主に、できやすい部分はストレッチマークと一緒です。皮膚のでこぼこの原因とされるのは、 皮膚下の空間に大きくなったセルライトがつまって皮膚を下から押し上げていることです。
セルライトは害にはならないと考えられていますが、セルライトが多くある部分は何かからだの不調をあらわしている可能性があります。

また、セルフケアは危険といわれていて、ただやみくもに強くもむだけ、のように強い刺激を 与えるようなケアの方法は、セルライトによって弱っている血管壁が傷つき、 内出血を引き起こす可能性があります。減食や運動でも取れにくく、一度セルライトができると なくすことは難しいといえるでしょう。

セルライトの原因は、精神的ストレス、冷え、食生活の乱れ、運動不足といわれています。
よって、セルライトをつくらないためには、代謝、血行、リンパの流れをよくする必要があります。
まず原因を知り、注意することでセルライトができないように行動することが大事といえます。

▲ページのトップへ