5%還元キャッシュレス・消費者還元事業
グッチ

グッチ GUCCI

上質であることの証明。威風堂々、グッチビューティー。 / イタリア

1921年に誕生したサロンブランド「グッチ」。多くの商品に用いられるGが2つ並べられたシンボルマークは創設者であるグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)の名前から。
創設者であるグッチ氏は、当時働いていたロンドンの貴族御用達の高級ホテル「サボイホテル」で目にする旅行者の美しい旅行カバンに触発されてブランドの立ち上げを決意したと言います。

一目で優雅さや高級感を伝えることが出来る洗練されたデザインを自らのプロダクトで表現したいと考え、自らの故郷であるフィレンツェにてグッチブランドを立ち上げます。
ブランド立ち上げ当初から「価値の高い商品を所有することが所有者のステータスにもなる」という考えを一貫しており、ラグジュアリーにこだわるその姿勢は後に誕生する多くのハイブランドに影響を与えています。
「乗馬」をモチーフとしたコレクションや、持ち手に竹を用いたコレクション「バンブー」など、グッチの独創性は物資不足に苦しんだ第二次世界大戦中でも留まることなく、大きくグッチブランドの名前を大きく世に知らしめていきます。

コスメのカテゴリーにおいては、1974年に発表した女性用フレグランスを皮切りにメンズ・レディスとも数々の名香を生み出しています。
90年代の半ばから2000年代初頭において「トム・フォード」がクリエイティブディレクターを務めていたのも有名な話です。

メイク業界に大きく衝撃を与えたメイクアップライン「グッチ・ビューティー(GUCCI beauty)」がローンチされたのは2014年。
グッチの一筋縄ではいかない重厚なエレガンスデザインをコスメに見事に落とし込んだアイテムに、ブランドのファンはもちろん、ピュアなコスメフリークからも絶賛を集めることとなります。
ゴールドとブラックを基調にしたデザインは単体でも強い存在感を放ち、まさに持っていることが特別なステータスであるかのようにモダンでラグジュアリーなコンセプトとなっています。
革新をやめないグッチは、2019年から2020年にかけてさらにグッチ・ビューティーのデザインを一新し、展開するエリアも拡大することを発表。伝説はまだはじまったばかりであることを高らかに宣言しています。

このブランドの商品一覧

155件の中(1 - 100)を表示
155件の中(1 - 100)を表示

このブランドの閲覧数ランキング

人気商品についた最新口コミ

マグネティックカラーシャドウモノ by M.SL(女性,48才,普通肌)
マグネティックカラーシャドウモノ

5点 2019/11/28

#120 Iconic Ottanio

グッチのメイクアップシリーズは初めて購入です。単色アイシャドーとしては高価ですが、私の大好きなカラーに目がとまりボチッてしまいました!ギラつかない繊細なパール感で、目のキワの締め色に良いです♪他のカラーも欲しくなりました!

ルージュアレーブルサテンリップカラー by 飴子(女性,24才,乾燥肌)
ルージュアレーブルサテンリップカラー

4点 2019/11/25

# 507 Ivy Dark Red

発色は透け感のあるセミマットで、潤いのある使い心地。色持ちも良いです。507は唇に塗ると赤ワインに少し青みを足したような色でした。香りがあるので化粧品の香りが苦手な方にはオススメしないです…。塗ってからもしばらくは香っています。色落ち具合は唇の外側に若干色残りしやすい感じがありますが、ティッシュなどで綺麗に拭き取れるので、拭き取ってから塗り直せば綺麗な発色が続くので私としては許容範囲内だと思っています。

関連するコンテンツを見る

▲ページのトップへ