5%還元キャッシュレス・消費者還元事業
グッチ

グッチ GUCCI

上質であることの証明。威風堂々、グッチビューティー。 / イタリア

1921年に誕生したサロンブランド「グッチ」。多くの商品に用いられるGが2つ並べられたシンボルマークは創設者であるグッチオ・グッチ(Guccio Gucci)の名前から。
創設者であるグッチ氏は、当時働いていたロンドンの貴族御用達の高級ホテル「サボイホテル」で目にする旅行者の美しい旅行カバンに触発されてブランドの立ち上げを決意したと言います。

一目で優雅さや高級感を伝えることが出来る洗練されたデザインを自らのプロダクトで表現したいと考え、自らの故郷であるフィレンツェにてグッチブランドを立ち上げます。
ブランド立ち上げ当初から「価値の高い商品を所有することが所有者のステータスにもなる」という考えを一貫しており、ラグジュアリーにこだわるその姿勢は後に誕生する多くのハイブランドに影響を与えています。
「乗馬」をモチーフとしたコレクションや、持ち手に竹を用いたコレクション「バンブー」など、グッチの独創性は物資不足に苦しんだ第二次世界大戦中でも留まることなく、大きくグッチブランドの名前を大きく世に知らしめていきます。

コスメのカテゴリーにおいては、1974年に発表した女性用フレグランスを皮切りにメンズ・レディスとも数々の名香を生み出しています。
90年代の半ばから2000年代初頭において「トム・フォード」がクリエイティブディレクターを務めていたのも有名な話です。

メイク業界に大きく衝撃を与えたメイクアップライン「グッチ・ビューティー(GUCCI beauty)」がローンチされたのは2014年。
グッチの一筋縄ではいかない重厚なエレガンスデザインをコスメに見事に落とし込んだアイテムに、ブランドのファンはもちろん、ピュアなコスメフリークからも絶賛を集めることとなります。
ゴールドとブラックを基調にしたデザインは単体でも強い存在感を放ち、まさに持っていることが特別なステータスであるかのようにモダンでラグジュアリーなコンセプトとなっています。
革新をやめないグッチは、2019年から2020年にかけてさらにグッチ・ビューティーのデザインを一新し、展開するエリアも拡大することを発表。伝説はまだはじまったばかりであることを高らかに宣言しています。

このブランドの商品一覧

155件の中(1 - 100)を表示
155件の中(1 - 100)を表示

このブランドの閲覧数ランキング

人気商品についた最新口コミ

ルージュアレーブルヴォワールリップカラー

4点 2020/01/15

# 201 The Painted Veil

色を試せないまま購入するのが心配でしたが、このパッケージを見てどうしても欲しくなり、他の方のクチコミを参考に初めて買い求めました。確かに匂いは気になりますが、第一印象時に比べると、今はそれほど感じません。そしてそんな気持ちを打ち消してしまうほど、やはり想像以上に可愛く、持っているだけでテンション上がるとは、まさにこのことです。単純にベージュピンクと呼ぶには及ばない、何ともいえない、おしゃれ上級者な雰囲気になるカラーです。ウインターシーズンの暗めなコートにも映えます。

マグネティックカラーシャドウモノ by あい(女性,19才,混合肌)
マグネティックカラーシャドウモノ

3点 2020/01/12

#050 Oxydus

海外の方が上げているスウォッチを色選びの参考にしましたが、050番は使いやすい柔らかなブラウンだと思います。パッケージは自分の手持ちの単色アイシャドウと比べると、軽い方だと感じました。ミケーレ監修のリップも気になっているので購入してみたいです。

関連するコンテンツを見る

▲ページのトップへ